タカミネギタークラブ

タカミネ ホーム » Takamine BLOG

Artist Informationの最近のブログ記事

あのお笑い芸人AMEMIYA氏との企画で、特注ギターを製作することができました。

最近、某音楽番組でも「冷やし中華はじめました」の替え歌などを披露し

ますます、人気が出てきている様子のAMEMIYA氏。

そんな方との企画が実現し、嬉しい限りです。

早速、ブログの方にもアップしていただきました。ありがとうございます。

近いうちにこのギターがTVで見られるのを楽しみにしています。

IMG_0192.jpgIMG_0196.jpg
IMG_0210.jpgIMG_0214.jpg

 

AMEMIYA Official blog

http://ameblo.jp/amemiya-only1/

CD 「冷やし中華はじめました」

http://www.sma.co.jp/news/detail/s/10690

Bon Jovi & EF341SC

現在米国ツアー中のボンジョビの様子がyoutubeで視聴できます。

2月12日ピッツバーグでのコンサートです。

後半に持ち変えられたギターは、ボンジョビ・マークの入った弊社特製ピックガードを貼り付けたEF341SCモデルで、ライブ終了後サインを入れてチャリティーオークションに!

261-3.jpg 261-4.jpg

こちらのリンクサイトでご覧頂けます。 

http://entertainmentcollectibleauctions.com/auctions/store/Bon-Jovi/listings/261/Jon-Bon-Jovi-Signed-and-Played-Acoustic-Guitar--University-Park-PA-2911.php

(なおこの特製ピックガード付きモデルは非売品であり、発売の予定はございません。)

弊社米国発のサイトtakamine.com. にて、世界のトップスターに愛されているギターを紹介するコーナー「Hardest Working Guitar in Show Buisiness」をご存知ですか? グレン・フライ、グレン・ハンサードに続いて今回はボン・ジョビの愛用モデルEF341SCの登場です!ぜひチェックしてみてください。

jbjovi_hwg.jpg

(画像をクリックすると大きく見られます。)

米国 TAKAMINE SITE ⇒ www.takamine.com

ボンジョビ公式サイトはこちら⇒http://ja.bonjovi.com/
新曲のプロモも必見です。http://www.youtube.com/user/BonJoviVEVO

AORの大物歌手ボビー・コールドウェル氏(現在来日公演中)がオープニング・アクトでTAKAMINE <DSF47C>を使用しています。ボビー・コールドウェルといえばAOR、そしてピアニストと思い浮かんでしまうのだが、ギターのテクも相当なもの。さすがは超一流ミュージシャンです!東京ビルボード、札幌市民会館での公演がまだ残っておりますのでぜひお見逃しなく!

Bobby_1.jpg

サウンドチェック中のボビー

ジェイク・シマブクロさんの2010年日本ツアー会場から届いた、ホットで耳寄りな情報をお届けします。

 

  「JAKE SHIMABUKURO I ♥ UKULELE TOUR 2010」

 

 

出嶌タカミネG.JPGサイエンスアートイベント     「数式に記された愛 II」 

    ―芸術と科学によるアプローチ―

出演:出嶌達也(ギター)、プラーナひろこ(ピアノ)

 

場所:古賀政男音楽博物館けやきホール

小田急線/千代田線「代々木上原」南口下車徒歩3分

日時:2010年9月4日土曜日

開場:15:30 開演:16:00  全1時間30分程度

 

<プログラム>

1:プレゼンテーション   カオス理論をスライドと音楽(ギターとピアノ)でひも解く

2:ライブ         ギターとピアノによるインストゥルメンタル

★プログラムの前半でタカミネギターが演奏されます。

イベントの詳細はこちら

 

楽誌掲載情報

Player 7月号 定価600円(税込)

「THE GUITAR SPECIAL BON JOVI 最新機材レポート」(P118-P119)にて

JON BON JOVI愛用のタカミネEF341SC他 掲載がされています。

全国の書籍販売店、書籍取扱い楽器店でお買い求めの上ご覧下さい。 

b-j-large_sm.jpg

30th Anniversary BOX

from TSUYOSHI NAGABUCHI PREMIUM  6月9日発売決定!

http://www.nagabuchi.or.jp/new_contents/2010/dvdbox/premium.html

昨年、デビュー30周年を迎えた長渕剛の1年間の活動を 凝縮したプレミアムBOX!

DVD3枚/CD3枚に収められた至上のパフォーマンスは、まさに、通過点にしてすでに伝説。

「BOXセット リリース イベント」

- サイン入りタカミネ・ギター抽選プレゼント -

詳細はこちら⇒http://www.nagabuchi.or.jp/new_contents/rockon/list.html?p=1

※上記サイト内をスクロールして頂き、下段掲載内容をご覧下さい。 

 

Fred Mascherino (The Color Fred)

The Color Fredのバンド・リーダー、Fred Mascherinoのビデオ・クリップを紹介します。タカミネ・ギター1本で、マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」をカバーしています。

彼が弾いているのは、海外輸出用モデルTF250SM SB

 

インタビューもどうぞ!(英語のみ)

YOUTUBE ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=uGn5vwTrcFg&feature=related

Wowowにて、昨年末におこなわれた長渕剛氏のアコースティックツアーの模様が再放送される予定です。

2010.04.12(月) 17:00より
「MAGNUM TSUYOSHI NAGABUCHI 30th Anniversary LIVE ~ARENA & ACOUSTIC~」

詳しくはこちら ⇒ WOWOW ONLINE

GRAMMY AWARD

昨日のグラミー賞を見た方も沢山いらっしゃると思いますが、アコースティックなパフォーマンスが少なくなりましたね。

さてわがタカミネ・アーティストの結果は、、、

Best Solo Rock Vocal Performance/Bruce Springsteen

Best Country Instrumental Performance /Steve Wariner

Best Urban /Alternative Performance/India.Arie & Dobet Gnahore


なかなか映像ではおめにかかれない部門ばかりで残念ですが、何はともあれおめでとうございました。

リンク ⇒ takamine.com / アーティスト情報  


Mike Aiken メッセージ

タカミネを愛用するプロアーティストからメッセージをいただきました。

 

Mike Aikenの写真

 

I've never had a guitar that could take the abuse of the road,sound play great on stage and be able to lay down warm beautiful studio tracks like my Takamine does. I demand the best and my Takamine delivers!

 

【日本語訳】
厳しいツアーに耐え、ステージでの素晴らしいサウンドや、スタジオでの暖かく美しい音作りも可能にしてくれるタカミネのようなギターを、私は他に見たことがない。私はベストを求める、そしてタカミネはいつもそれに答えてくれる。

 

 

Brad Davis メッセージ

タカミネを愛用するプロアーティストからメッセージをいただきました。

Brad Davisの写真

 

Growing up as a hard core blue-grasser I always despised Takamine guitars,maybe because I felt American made was better,but The Takamine's that I have recently fallen in love with are not the same beast as years past.Takamine's attention to tone is monumental. The guitars have the best pickup system on the planet and the Never thought I would ever say that about a Japanese guitar!! Never say never!

 

【日本語訳】
コアなブルーグラス演奏者として育った私は、タカミネは好きじゃないって言っていたんだ。だって、ブルーグラスギターは、メイドインUSAが一番だと思っていたから。ところが今ではタカミネにぞっこん、昔の偏見は、すっかり変わってしまったよ。タカミネの音に対するこだわりは、実に画期的だ。地球上でもっとも素晴らしいピックアップを積んでいるタカミネのことを、二度とあんなふうには言わないよ。もう二度とね。



ギターラインナップ

最新情報

ページトップへ