タカミネギタークラブ

タカミネ ホーム » Takamine BLOG

2009年10月アーカイブ

ウクレレ奏者ジェイク・シマブクロ氏とそのマネージメント会社TOASTMAN INC.が運営するチャリティ組織「MISIC IS GOOD MEDICINE(通称:MIGM)」より、(株)高峰楽器製作所との共同開発によって生まれたウクレレが発表されました。

このウクレレは、ジェイク氏が長年運営している同組織の主体プログラム「Four Strings For Kids」のメイン・プロジェクトとして、世界中の子供達に上質かつ手頃なウクレレを届けることを目的に誕生しました。

(株) 高峰楽器製作所は、自社で掲げる理念「ものづくり・音づくり・人づくり」を背景に、「万国共通のコミュニケーション・ツールである音楽を通じて情熱を持って生きることの大切さ、健康的な生活を送ることの重要性、心を癒すミュージック・パワーの多様性を啓蒙し、人々の生活レベルを高めていくことを目指す。特にこれから社会を担っていく子供達の教育を助け、自己啓発を促すことに努める。」というMIGMの理念に賛同し、今回のプロジェクトに積極的に取り組んで参りました。

このウクレレは、2009年11月5日(木)〜8日(日)にパシフィコ横浜で開催される「2009楽器フェア」の会場(キソ・ストリング・インストゥルメンツ / ミュージック イズ グッド メディスン ブース)にて、世界に先駆け日本で初公開されます。

MIGM、Takamineスタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしています。
販売は、2010年春頃にTOASTMAN,INC.が運営するウェブ・サイトのみで行われる予定です。また、その売り上げ収益金の一部は、MIGMが行なっているコミュニティ活動の支援金として寄付されます。
 

〜ジェイクからのメッセージ

「今回、高峰楽器製作所の協力を得て、自身のプログラム 『Four Strings For Kids』 にとって 大切なウクレレを完成することができ、とても感謝しています。このコラボレーションが実現した後も、僕が愛用しているカマカ・ウクレレとの関係が変わることは決してありません。しかし、今回の高峰楽器製作所との共同プロジェクトにより、音楽のパワー、経験、そしてアロハ・スピリットを通して、さらに多くの世界中の子供達に夢と希望を与える チャンスができることを強く確信しています。」

ジェイク・シマブクロ 公式サイト(USA)

ジェイク・シマブクロ 公式サイト(日本):特報

MUSIC IS GOOD MEDICINE 公式サイト(USA)

MIGM-S1

 

ジェイク・シマブクロとコラボレーション ウクレレMIGM

 

 

工場見学

近くの山々もすっかり紅葉してきましたが、ここのところ中津川市内の小学生の見学が相次いで、工場は賑やかな声につつまれております。

23日には南小学校3年生78名、昨日27日は東小学校より3年生87名が社会見学のために来社し、みんな小さな目を輝かせ熱心に見学していました。30日は加子母小学校からも見学の予定が入っています。

また10月21日には、ストリート・ライブをやりながら、自転車で日本1周をめざしている青年が訪問してくれました。九州から日本列島を縦断、北海道を折り返し、現在郷里の福岡へ岐路の途中ということで、弊社のある丘の上まで山のような荷物とギターを担いでやってきてくれました。大のタカミネファンで、工場に立寄るのも旅のプランのひとつだったということでした。福岡まで、気をつけて旅を続けてください。

 

 

タカミネファン

 

 

また、9月の初めに工場見学をされた句誌「白魚火」のメンバーの方が、見学時の様子を俳句にして送ってくださいました。ここにいくつか紹介させていただきます。


「清秋や 調べを胸に ギター磨ぐ」

「音色得し ギター銀河の あの星か」


「椿の実 熟練の技 艶を増す」

「天高く 世に響かせむ ギターの音」


「手をかけて生まるるギター 天高し」

「手業光る ギター工場や 秋の嶺」


みなさんすばらしい句を、ありがとうございました。

ギターという楽器や音楽を通して、こうした出会いやふれあいを大切にしてゆきたいと思います。

この度弊社ヨーロッパ・ディストリビューター(フェンダーEU)による企画招聘で、イギリス、スコットランド、アイルランド、ドイツ、オランダより、タカミネ・ディーラー14店舗15名と「Gitarre&Bass」記者他、ディストリビューター・スタッフ合わせて総勢23名が来社されました。

一行は9月25日に来日。東京都内を観光した後、27日に中津川入り、翌28日(月)弊社坂下工場を訪問されました。大野社長より「工場の最新設備やギター製造工程、そして何よりギター作りに取り組む作業者の様子を見学していただき、タカミネの技術やタカミネ・ギターの構造を知って頂くばかりでなく、弊社の意欲やギター造りに対する意気込みを感じてもらえれば。」と挨拶。午前中から午後に渡り、熱心に工場を見学されました。工場見学後は記念品の贈呈式、即売会などがおこなわれ、終始なごやかな雰囲気の中見学会を終了いたしました。

その後一行は、飛騨高山、松本城を観光してヨーロッパへの帰路につきました。

ディーラーツアー01 ディーラーツアー02 ディーラーツアー03

 

ギターラインナップ

最新情報

ページトップへ