タカミネギタークラブ

タカミネ ホーム » Takamine BLOG

2009年6月アーカイブ

「第20回ふれあいコンサート」は、3回目の来演となる坂元昭二さん(アコースティック・ギター)と、福野桂子さん(チェロ)を迎え6月26日(金)に開催致しました。

当日は梅雨間の好天に恵まれ、200人を超えるお客様にご来場いただきました。熱気あふれる中、坂元さんのステージ・スタジオワークでの長いキャリアから培われた確かなギターテクとユーモアたっぷりの話術で存分に楽しませていただきました。また、福野さんの美しく叙情感あふれるチェロの演奏は圧巻で、感動とともにしばし時を忘れさせてくれました。アンコールはフォーク・ソングの大合唱で盛り上がり、コンサートが終了しました。  

第20回ふれあいコンサート01 第20回ふれあいコンサート02 第20回ふれあいコンサート03
第20回ふれあいコンサート04 第20回ふれあいコンサート05

おかげさまで「ふれあいコンサート」は第20回目の節目を無事迎えることができました。これまでご協力、ご支援、そして会場へ足を運んでいただいた皆様に心より御礼申し上げます。これからもすばらしい音楽を楽しんで頂けるよう努力していきたいと思います。

次回のふれあいコンサートは、平成21年9月11日(金)クラシックギターの荘村清志さんをお迎えし開催する予定です。

どうぞお楽しみに。

 

「Kiso Acoustic HB-1」発売開始

「Kiso Acoustic」とのコラボレーションにより生まれた小型2ウェイ・スピーカーシステム「Kiso Acoustic HB-1」が、いよいよ世界に先駆け6月20日より発売されます。

Takamineではアコースティックギター製造で培った「音を創造する技術」を総称して、「Takamine Acoustic Voicing TECHNOLOGY」と名付けました。

オーディオスピーカーキャビネットの設計・製造にこの技術を応用し、オンキヨーとのコラボレーションによって商品化された「ONKYO GUITAR ACOUSTIC SPEAKER D-TK10」が誕生して3年。
その設計思想を引き継いだ「Kiso Acoustic HB-1」には、ライブ感あふれるリアルな音楽表現力と高いインテリア性を兼ね備えたスピーカーシステムとして、Takamineが持つ「ものづくり」の粋が投入されています。

発売に先がけ、「Kiso Acoustic HB-1」がオーディオ専門誌「Stereo Sound」No.171(2009年夏号)の表紙に取り上げられ、オーディオ評論家の菅野沖彦氏による視聴レポートが特集記事として紹介されています。

オーディオファイルの方々はもちろん、こだわりのインテリアに囲まれた住空間でお気に入りの音楽を楽しみたいとお考えのお客様に、ぜひお勧めしたい製品です。


ステレオサウンド


「Kiso Acoustic HB-1」に関するお問い合わせはこちらへどうぞ
Kiso Acoustic TEL:0573-70-2777

リンク
⇒ Stereo Sound No.171(2009年夏号)
⇒ Kiso Acoustic
⇒ ONKYO D-TK10

ピックガードの保護シート

弊社に寄せられてくる皆様からのご質問の中に、ピックガードに貼り付けられている金色の「Takamine」の保護シートに関するものが多くあります。これは出荷時より店頭におけるピックや爪の傷を防ぐためのものですので、お買い上げ後はがし取っていただきご使用下さい。

サドルの調整

Q: 弦高を下げたいのでサドルを低くしたいのですが....

A: 弊社のサドルはボーンサドルを使用しており、特にエレアコの場合底面が水平になっていないと音量バランスが悪くなることがございます。まずはお買い上げになったお店に相談していただき、修理を依頼されることをお勧めいたします。

Q:弾かないときは弦は緩めた方が良いか?

リンク ⇒ 公式ホームページ ギターメンテナンス・ページ

ギターラインナップ

最新情報

ページトップへ