タカミネギタークラブ

タカミネ ホーム » Takamine BLOG

2009年1月アーカイブ

はぐれ雲永松とブラスアンサンブル Jazzブラスの夕べ
ブラス(管楽器)アンサンブルによるジャズ&ジャズファンクの演奏をお楽しみください。

第19回ふれあいコンサート プラスジャズの夕べTPO




日時:平成21年3月27日(金) 午後6時30分開場 午後7時開演
会場:(株)高峰楽器製作所2F ふれあいホール
入場無料 

演奏予定曲

A列車で行こう
What's A Wonderful World
Over The Rainbow
明日に架ける橋
上を向いて歩こう 他。

<出演者の紹介>

はぐれ雲 永松(トロンボーン)
音楽が趣味だった父の影響もあり、幼少時よりジャズをはじめとする様々な音楽に触れる。中学1年からトロンボーンを始め、高校時代には「CHICAGO」の コピーバンドを結成、地元のアマチュアBig Bandにも参加し、ライブ活動を開始。この頃から、作曲、編曲の勉強も始める。
上京後は、フリーのトロンボーン奏者としてジャズ・ロック・ファンクなどを軸に活動、TVCM・ドラマ・アニメのレコーディングに数多く参加する他、さまざまのアーティス トとの共演を果たす。98年に自己のバンド、ファンクオーケストラ"T.P.O."を結成、ライブを定期的に行いながら、3枚のアルバムをリリース。また、メンバーを女性だけで揃えた、T.P.O.レディース「ハグレーs angels」の結成や、アマチュア対象の音楽教室「T.P.O.音楽倶楽部」の主宰等、多彩な活動を続けている。

上石 統(トランペット)
大学在籍中にプロとしての活動を始める。後に'ビンゴ・ボンゴ'、'真心ブラザーズ'などにホーンセクションとして参加すると同時に、様々なジャズのコンボやビッグバンドでも活動。衝和ショッキング、Earth・Wind・and・Fighters、Funk Orchestra T.P.O.のメンバーでもある。
主なツアー、レコーディング参加アーティスト・真心ブラザーズ、ゆず、YUKI、B′z、スキマスイッチ、キマグレン、広末涼子、須永辰雄、Jazztronikなど。

渡辺ファイアー(アルトサックス)
1963.8.6東京生まれ。 17歳でAlto Saxの音色に魅せられ、大学時代からBAND活動を行い、池田聡のTOUR参加を機にプロ活動を開始。
E-Zee Band、CHAKA、バブルガムブラザーズのTOURとRecording等に参加し、 1996年にはフジTVの深夜番組「ラテン専科」にレギュラー出演。 Sax.のベルから火を放つなど傍若無人ぶりを発揮する。1999年には大木トオル30周年ツアーに参加し、Ben.E.King、ELVIN BISHOPと共演。FUNKを活動の中心とし、SOY SOUL、Funk orchestra T.P.O.などのLive、Recordingに参加。 JAZZでは2006年より森山威男GROUPに参加。また、自己のGROUPであるGOO PUNCH!やLeader Sessionも多数。

武田和大(テナーサックス)
'90年にボストンでジョージラッセルorch.に参加。帰国後はドデカコルドン(和みの生4人楽団)・QUADRA(JazzのSax四重奏団)・T.P.O.(Funky Big Band)などでライブを重ねる傍ら、あらゆるジャンル(松井誠からKEMURIまで)のセッションに参加。近年の代表的な編曲と演奏は、m-flo with Double&TOKUの「Life is Beautiful」や、Jazztronikの一連のアルバムに於ける管アレンジなど。その他、和田アキ子、アルフィー、上上颱風、B'z、水木一郎、 島谷ひとみ等々。劇団キャラメルボックスのサントラではオカリナ、リコーダーでもお馴染み。CMなどへの作・演奏も多く、知らずに聞いているはず。

リンク⇒T.P.O.ホームページ

ギターラインナップ

最新情報

ページトップへ