タカミネについて

タカミネ ホーム » タカミネについて » 地域とのかかわり

地域とのかかわりーふれあいコンサート

ふれあいコンサート

本社工場と坂下の町、ふれあいコンサートの写真

「タカミネ」という社名は、中津川にそびえる高峰山を由来としています。岐阜の山間部で育ち、今や世界的なブランドに成長したタカミネ。そんな私たちのギターを見守り、育ててくれた地域に感謝し、音楽という形で貢献したい。その一つの事例が「ふれあいコンサート」です。

平成16年から始まったこのコンサートは、年間4回、不定期ですが3ヶ月おきほどの期間で開催しています。当初は坂下町(現中津川市)のホールで行っていましたが、新工場が完成してからは工場2階のホールを会場にしています。
プログラムはギターにこだわらず、ポップス、クラシック、民族音楽など、さまざまなバラエティ性に富んだアーティストを招聘しています。地元の人にもっと身近に、素晴らしい音楽を聴いていただきたい。そんな思いが徐々に浸透し、今では毎回盛況をいただいています。

新工場がオープンした時の記念コンサートでは、クロード・チアリさんが友情出演してくださいました。トラブルにより出演が危ぶまれましたが、大阪からステージ衣装のまま駆けつけて下さいました。チアリさんの到着を待ち続けていた超満員のファンに見守られ、感動的なステージとなりました。素晴らしい思い出です。

毎回のコンサートでの募金は、中津川市に寄付させていただいています。
これからも、地域の皆様に「あそこに行けば、素晴らしい音楽が聴ける」というコンサートを企画してまいります。
「素晴らしい音楽をありがとう」という言葉が、何よりの励ましです。

第6・7・8回ふれあいコンサートの写真 第9・10・11回ふれあいコンサートの写真 第12・13・14回ふれあいコンサートの写真 第15・16・17回ふれあいコンサートの写真18-20.jpg21-23.jpg
24-26.jpg
ページトップへ